米アップル(Apple)が裁判所命令を拒否!!


【AFP=時事】米アップル(Apple)は、カリフォルニア(California)州サンバーナーディーノ(San Bernardino)の福祉施設で昨年12月に発生し14人が死亡した銃乱射事件をめぐって、同州の連邦地裁から命じられた、容疑者のスマートフォン(多機能携帯電話)「iPhone(アイフォーン)」のセキュリティー機能の解除への協力について、拒否すると表明した。
全文を読む(リンク切れ)

iPhoneのロックは、世界有数のセキュリティであり正確なパスコードを入力しない限りAppleでも情報を取り出すことは不可能とされています。

また、総当たりでのパスコード解読にもiPhoneには一定回数失敗するとデータすべて削除する機能が搭載されており解読は不可能です。

⇒今回は、その一定回数失敗するとデータが削除される機能を無効にするソフトウェアなどを作成するようAppleに要請する裁判が行われました。(他にも同じような裁判は、複数あり)

今回は、裁判所がAppleにパスコードが間違っているとデータを削除する機能の解除などを命じた。ところが、Appleはこれを拒否した。

米国は、NSAによる気持ち悪いストーカー監視が行われておりAppleにも協力させたいのだろう。ぜひ、抵抗して欲しい。