出生数5年ぶりに増加、少子高齢に歯止めをかけろ


2015年の出生数は、「100万8000人」で5年ぶりに増加したことが、厚生労働省が1日付でまとめた人口動態統計の年間推計で分かった。

 

以下「Yahoo!ニュース」引用

 30代女性の出産が目立ち、全体の出生数を押し上げたという。同省は「雇用情勢の改善などが影響した可能性がある」と分析している。

 出生数は、200万人を超えた第2次ベビーブーム(1971~74年)をピークに減少傾向が続いている。2014年は100万3539人(確定値)で、初の100万人割れが迫っていた。

 同省によると、15年に生まれた赤ちゃんは前年より4000人増加した。30代女性が1~6月に生んだ赤ちゃんは、前年より1万人多かった。

 一方、死亡数は前年比2万9000人増の130万2000人で戦後最多となった。死因はがんなどの悪性新生物(37万人)、心疾患(19万9000人)、肺炎(12万3000人)の順。人口の減少幅は29万4000人で、統計を取り始めた1899年以降で最大となった。

 婚姻件数は前年比9000組減の63万5000組。離婚件数は同3000組増の22万5000組だった。

 推計値は、1~10月の速報値を基に1年分を算出している。2015年の確定値は9月に公表される。

全文を読む【Yahoo!ニュース】

出生数が増加したのはなんと5年ぶり。ただ、人口の減少は続いており少子高齢化問題には中々歯止めがかからない状況が続いている。