日本の将来が不安、Youtuberになりたい若者

今の現代社会を幅広く知る。Gニュース,特集


Googleが提供する大人気動画共有サービス「YouTube」。近年「Youtuber」と呼ばれるYouTubeでお金を稼ぐ人が話題になっている。それは、ほとんどの人が知っているだろう。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151207-00094625-toyo-soci

(Yahoo!ニュース)

今回は、Yahoo!ニュースで特集された「Youtuberになるには、どんな学部がいいのか」について真面目に考えたいと思います。


Youtuberが世の中で話題になって数年、やはり小学生,中学生,高校生など学生がYoutuberになりたい!と思う事はあるのだと思います。まあ、これは誰でも思うと思いますがYouTubeで生計を立てるのは芸能人になるのと同じ又はそれ以上に難しい事だと思います。しかも、Youtuberにはオーディションもありませんし参考書だってありません。(似たような物はあります。)先述したYahoo!ニュースでは、

"今回はYoutuber(ユーチューバー)になりたい高校生からの質問です。"

という事で、まあ「単純にYoutuberになりたい。有名になりたい。」と思っているのかもしれません。

その質問に、同記事の筆者は「1)ネタの出尽くし感とそれに伴う過激化」などのリスクを書いています。いや、リスクに前にYoutuberになれるのかって話なんです。そりゃ、YouTubeに動画を投稿する事なら小学生だって出来ます。でも、それでご飯は食べられません。


上記のツイートをYoutuber?がツイートしていましたがWikipediaでは"主に動画共有サイトYouTube上で独自に制作した動画を継続して公開している人物や集団を指す名称。狭義では「YouTubeの動画再生によって得られる広告収入を主な収入源として生活する」人物を指す[1]。"つまり、基本はYouTubeに動画を投稿する人。場合によってはYouTubeでお金を稼いで生計を立てている人の事。なんですね。

でも、Youtuberになりたい!って言ってる高校生はお金を稼ぎたいって言ってる人がほとんどなんです。

ですから、Youtuberになるってすごく大変、厳しい言い方をすれば無理なんですね。

HIKAKINになりたいって言ってる人は社長を目指した方が良いみたいな話なんです。


少子高齢化社会の中、様々な思想に感化されYoutuberになるといって道を外す若者は少なからずいます。目指すものがある事は良い事です。今回の元記事となる特集の質問者はどのような大学へ行けばいいかと質問しています。これは、まだマシですね、、、

「Youtuberになるから大学に行かない」とか「高校を中退する」とか言い出したらもう日本は終わりです。


>>次回に続<< さらに、詳しく考えます。

※当記事は、一部個人の考えが含まれています。違う意見を持つ方が多くいると思いますのでコメントは利用可能なよう設定しております。なお、個人情報を含むコメントや運営チームが不適切と判断したコメントは削除致します。


コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    運営(画像販売ドットコム) (月曜日, 07 12月 2015 15:28)

    緊急で公開したため一部誤字等の不備がありました。
    失礼致しました。