山口組抗争に向け準備、拳銃調達


日本最大の勢力を持つ指定暴力団「山口組」が、分裂した問題で新たに長野県飯田市で6日に暴力団関係者の男性が撃たれ、死亡するという事件が発生した。容疑者として6代目山口組系の組幹部が逮捕された。


また、各報道各社は"群馬県内外で、拳銃の調達や襲撃要員の確保など抗争に向けた準備ともとれる動きが出ている。"と報道している。


近いうちに、一般市民を巻き込む抗争が行われる可能性がまた高まった。

 今回の分裂では、その直参のうち関西の組織を中心に13人が離脱し、「神戸山口組」を設立した。トップは山口組の前任組長の出身組織「山健組」(神戸市)の井上邦雄組長(67)だ。残った59人の多数派は、山口組の現在のトップ、篠田建市(通称・司忍)・6代目組長(73)の出身組織「弘道会」(名古屋市)を中心とする。


Yahoo!ニュース

今後の動きが気になるところだ。


※一部写真の掲載ミスがありました。(10月11日)

一部リンクがリンク切れしていました。(修正済み)10月21日