【ニュース】災害・町が海に。茨城県常総市

茨城県で川が決壊。大災害に発展。茨城県常総市

以下は今回実際に発生した堤防の決壊によって川の水が町に流れ出している様子の写真です。

想像した事があるだろうか?町が水に沈み、土砂が流れ人々が孤立する光景を。

数年に一度起こる大災害。今回発生した茨城県及び宮城県での川の堤防の決壊による災害。いざ人々はこのような状況になった時自分の命を守り生き延びなくてはならない。

 

さて、今回発生した災害は台風が過ぎ去った後台風によってできた雨雲が各地にかかりこのような大災害にいたりました。さて、堤防が決壊するまでの流れを確認しましょう。


台風18号から変わった低気圧の影響で、栃木、茨城両県では記録的な大雨となった。

気象庁は10日、両県に大雨の特別警報を発表した。栃木県鹿沼市では川に面した住宅2棟が流されたほか、土砂崩れが起き、行方不明者1人の救出が続いている。日光市でも斜面の土砂が崩れ、巻き込まれた男性2人のうち1人が意識不明の重体。茨城県常総市や古河市では河川の越水や堤防の決壊が起き、茨城県は自衛隊に災害派遣を要請した。


10日午前8時半現在の総務省消防庁のまとめによると、茨城、栃木、千葉の各県で64棟が床上浸水し、茨城、栃木、千葉などで300棟近くが床下浸水した。また、茨城、栃木、千葉県で約5万3千人に避難指示が出され、全国で約42万5千世帯、約92万6千人に避難勧告が出た。その後もさらに被害が拡大した。


栃木県鹿沼市日吉町では10日未明、住宅の裏山の斜面が崩れ、女性1人が住宅内に取り残された。茨城県内を流れる鬼怒川は常総市や筑西市の数カ所で堤防から川の水があふれる越水が発生。福島県南会津町では2カ所で橋が橋脚ごと流されたほか、同町舘岩地域で土砂崩れがあり、313世帯833人が孤立している。


気象庁によると、関東地方から東北地方南部にかけて積乱雲が断続的にかかり、10日夕まで局地的に猛烈な雨が降るとみられる。これまでの雨量が、栃木県では600ミリ、茨城県で250ミリを超え、記録的な大雨となっているところもある。10日午前10時20分までの24時間降水量が、栃木県内の複数の地点で観測史上1位の記録を更新した。日光市五十里で534・5ミリを観測したほか、鹿沼市で432ミリ、栃木市で355ミリ。


いざ、大災害。対策は?そして、守るべき事。

もし、大災害が起きたとき。

もし、大地震が起きたとき。

 

あなたは、自分の身そして仲間,家族を守れますか?

 

いつ来るか分かりません。

今回のような災害が起きたときどうすれば良いのか?


  • 大雨特別警報が出たら自分に危険が迫っていると感じて下さい⇒すぐに、避難!
  • 避難勧告は守りましょう!避難指示が出たら非難しなければ、取り返しがつかないでしょう
  • 常に災害に備えよう

上記の事は、とても大切です。


日々少しでも災害について学び,予防すればきっと大丈夫です。自然と向かい合って生きていきましょう。


画像販売.comでは、掲載する記事の募集を行っています。

記事の原稿及び写真などの素材をメールにて送信して頂ければ無償で掲載致します。また、新聞社,報道関連の企業の場合ロゴを添付して下さると掲載がスムーズに行われます。

この記事の著作権は、画像販売.comが所有しております。

※一部参考にさせて頂いたのが「朝日新聞」様です。ご協力ありがとうございました。